規模が小さい塾て定期テスト対策はある?

子供にあった塾を選択

最近は昔と違って塾に行く子供の数が圧倒的に多くなっています。そして、通い始める年齢も昔に比べると低年齢化しています。それだけ親は子供たちに熱い期待をしているのと同時に、学校での勉強の他に塾へ行くのが当たり前になっています。塾の規模も大きく分けると、個人経営しているような小規模のものもあれば、全国展開しているような大手の塾もあります。どちらが良いという判断はなかなか難しいところではありますし、人によってこの塾は合っているとか合っていないはあるでしょう。知名度や規模だけで子供を通わせる塾を決定せずに、多角的に情報を多く集めることがとても大切です。小さい塾だからこそできることはありますし、定期テスト対策等も行ってくれます。

小さい塾だからこその取り組み

小さい塾の場合、授業の予習や復習は行うけれど、テスト対策のようなものは行ってくれないというイメージを持っている人は結構います。しかし、小さい塾だからこそ、先生も生徒の目をみて授業を行うことができ、ひとりひとりを把握しやすい環境に包まれています。これが大手の大人数の中で授業をした場合、そこまでひとりひとりと面と向き合って授業を進めることは不可能に近いです。ですから、小さい塾ならではの特別な授業の進め方もあります。大人数の塾だと質問や発言が恥ずかしいと思っている人も、小さい塾で少人数で教えてもらった方が、質問等も投げかけやすいです。勉強する時はする、遊ぶ時は遊ぶといった感じでフレンドリーな感じも小規模な塾には存在しています。