教室がたくさんある塾は教室ごとの違いはあるの?

講師の質に違いがあります

教室がたくさんある大規模運営の塾は、教室ごとに違いがあります。どの教室もテキストやカリキュラムは同じですが、講師の質が異なるからです。大規模運営の塾は教室の数が多いので、講師を確保するのが大変です。したがってどうしても大学生のアルバイト講師などを雇用することが多くなってしまい、講師の質に差が出てしまいます。 なるべくなら子どもの成績をしっかり上げてくれるような、質の高い講師に教えてもらいたいのではないでしょうか。そんな時は本部クラスの教室に通うのがいいでしょう。本部クラスの教室であれば、プロの講師が多く在籍しているので質の良い授業を受けることができます。夏期講習などを利用して本部クラスの授業を受けてみるのが有効です。

通っている子どもにも違いがあります

大規模運営の塾は他にも教室によって通っている子供にも違いがあります。教育熱心な地域の教室であれば、通っている子ども達の学力も高く、お互い刺激し合って勉強することができます。そのことによってますます学力がアップするのです。一方、あまり教育熱心な地域でない教室では、学力があまり高くない子ども達が多い傾向です。それによって受験結果も教育熱心な地域の教室では、難関校の合格者が多く輩出されますが、あまり教育熱心でない地域では、合格者があまり出ないことがあります。したがって塾を選ぶ際には、塾全体の合格者数を見るのではなく、教室ごとの合格者数をみるようにしましょう。それによってこの教室で希望する学校に合格できるかどうかを知ることができるからです。